お仕事文庫

転職面接ファッションチェック!ふさわしい服装は?

転職面接ファッションチェック!ふさわしい服装は?

転職の面接において、見た目から受ける印象は大きな働きをします。清潔感に欠けていたり、ビジネスの場にふさわしくない格好はイメージダウンにもなりかねません。今回は転職面接の服装で注意しておきたい内容をまとめました。

服装の前にまずは身だしなみから

身だしなみは第一印象に大きく影響します。第一印象を覆すのはすごく難しいので、身だしなみには大いに気をつける必要があります。

男性も女性も清潔感がまず大切です。髪はボサボサでないこと、寝癖がついていないように気をつけましょう。

男性は髪を短くカットすると好印象です。前髪は短めにして、襟足はスーツの襟にかからないように、サイドは耳にほんの少しかかる程度にしましょう。髪色は黒色がベターです。

こだわりもあるかもしれませんが、転職活動中と割り切って髭はきちんと剃り、肌のケアにも気配りが必要です。面接前は肌荒れの原因となるような暴飲暴食を避けたほうがよいでしょう。爪もできるだけ短く切っておくようにしてください。

女性なら前髪が目にかからないように気をつけ、長い髪の場合はすっきりと束ねておくようにしましょう。面接官がどんな年代の方でも対応できるように明るい髪色は避けた方がよいかと思います。

マニキュアはOKですが、ベージュや透明など自然な色のものを選ぶようにします。爪は短く切り、ネイルアートはNGです。香りは人によって好みが分かれるので、香水はつけないほうがよいでしょう。

転職面接の最適な服装〜男性編〜

基本的にはスーツを着用します。スーツは濃い色を選択し、ダブルのスーツは避けましょう。無地で白や淡い色のワイシャツに、シックな色のネクタイを選びます。スーツ、シャツのシワにも注意してください。

ベルトと靴が同色だと好印象です。ベルトから靴に至るまで清潔感を意識してコーディネートしましょう。

カバンは面接会場で床に置くことも多いのため、A4書類が入る程度のビジネスバッグで自立するタイプがおすすめです。

転職面接の最適な服装〜女性編〜

基本的にはスーツを着用します。パンツスーツでもOKです。色は黒・紺・ベージュ・グレーを選択しましょう。柄は無地が無難かと思います。

ボタンの数は1つ・2つ・3つのいずれも大丈夫です。スカート丈は長すぎず短すぎずに、座った時に膝から5cm以内に収めるように意識してください。

ストッキングの伝線にも注意が必要です。面接に向かっている途中で伝線してしまうこともあるので、予備を持っておくとよいでしょう。

靴は控えめなデザインで、ヒールの場合は高すぎない5cm程度のものを選びます。

カバンは肩掛けカバンなどの派手すぎないもの、自立するタイプを選びましょう。ビジネスバッグでなくてもよいですが、なるべく高級ブランドは避け、色はオーソドックスな黒が無難です。

女性のアクセサリー・メイク

アクセサリーは身につけない方がよいかと思います。どうしても身につけたい場合は、スーツにあった小ぶりでシンプルなものに留めて、指輪は結婚指輪以外は避けるようにしてください。

メイクは清潔感があって健康的に見えるようにしましょう。口紅は鮮やかすぎる色味を避け、全体的にナチュラルメイクを意識します。つけまつ毛やカラーコンタクトはNGです。

服装自由と言われた時は

服装自由であっても、おしゃれをアピールする場ではなく、第一印象をよくするためのセルフプロデュースだと考え、どんな世代の面接官にも受け入れられやすい服装を選ぶことがポイントです。

男性の場合、ジャケット着用が基本です。ジャケットは黒・紺・茶・グレーのものが無難でしょう。インナーは襟のついているシャツが基本ですが、ポロシャツなどでもよいかと思います。Tシャツやカットソーは避けておいた方がベターです。

パンツはチノパンや綿パンを選びましょう。ジーパンやジャージ、クロップドパンツはカジュアルすぎてあまりよい印象ではありません。

靴は黒や茶系の革靴がベストです。光沢のあるエナメル系のもの、スポーツタイプのもの、スニーカーは避けた方がよいでしょう。

女性もジャケットは着用した方が無難です。インナーも基本的には襟つきのブラウスなどがベストかもしれませんが、カットソーでも大丈夫です。色は白や淡いパステルカラーのインナーに、黒・紺・茶・グレー・ベージュのジャケットをあわせるとよいでしょう。

スカートを選ぶなら膝丈程度の長さにし、肌色やベージュ色のストッキングを必ず着用しましょう。パンツであればスラックスやチノパンがベストです。靴はミュール・スニーカーを避けてパンプスなどにして、ヒールの高さは3cm〜5cmのものを選ぶとよいと思います。

受付での印象も評価される?面接会場でのマナー

これまで、転職面接の服装の注意点をご紹介しましたが、面接会場でのマナーについても注意が必要です。

約束の5分前には到着すること。遅刻は厳禁です。もし遅刻しそうになったら、なるべく早めに連絡することを心がけてください。

建物に入る前にコート・マフラー等を脱ぎ、携帯電話の電源をオフにします。服についたタバコ臭や夏場も体臭などにも注意を払っておきましょう。

早すぎる到着もマナー違反。5分前になってから受付へ行くようにします。また、受付での態度が悪いとイメージダウンです。建物に入ってからは常に気を抜かずに振る舞いましょう。

控室ではスマホや携帯電話をいじったりせず、静かに待ちます。

面接会場への入室時はドアをノックし、どうぞと言われてから「失礼します」と言って入室します。
椅子に座る時も、勧められてから「失礼します」と断って着席。後から面接官が入室する場合は、必ず立って挨拶しましょう。

名刺をいただく時は「有難うございます」と軽くお辞儀をするとよいでしょう。先方から求められない限り、自分の名刺は出さなくて大丈夫です。

面接中は背筋を伸ばし、手を膝の上に置き、椅子には浅めに腰かけます。必ず相手の目を見て受け答えをし、軽めの笑顔を心がけましょう。相手の話を遮ることは絶対にNGです。

面接が終われば一礼して退出し、退出時はドアを静かに閉めましょう。

転職面接の服装についてまとめ

書類選考も通過し、面接の機会をいただけたということは、企業はあなたに好印象をいだいているということです。

しっかりと面接対策をしていても、服装や面接会場での振る舞いでマイナスイメージを与えてしまっては何もかもが台無しとなってしまいます。

この記事で紹介した注意点をふまえ、ベストな状態で面接に臨んでもらえると嬉しいです。
あなたの転職が成功する事を心から祈っています。