お仕事文庫

職務経歴書の書き方やテンプレートを無料でダウンロード出来るサイトを紹介

職務経歴書の書き方やテンプレートを無料でダウンロード出来るサイトを紹介

転職活動に欠かせないのが職務経歴書ですね。職務経歴書は志望先企業へ自分を売り込むためのプレゼン資料です。

職務経歴書の出来によって転職活動がうまくいくかどうかが決まってくる重要なアイテムですので、完璧に作りたいものです。

そこでこのページでは、職務経歴書の書き方について詳しく解説していきます。

職務経歴書のタイプはキャリアによって変わる

職務経歴書には3つのタイプが存在していて、それぞれ特徴が違います。1つずつ紹介してみましょう。

時系列順タイプ(編年体式)

最も一般的なタイプで、これまでの仕事内容を時系列順に書いていきます。経歴や業務の習熟度がわかりやすいという特徴があります。

ただし、一番上が古い情報となり一番下に現在の経歴がくることから、直近の職務や実績が伝わりづらいというデメリットもあります。

逆時系列順タイプ(逆編年体式)

時系列順タイプの逆になったもので、直近の実績を一番上にもってくることが出来るので、今現在のスキルや実績をアピールしたい人に向いています。今の仕事と転職先での仕事を比較しやすいため、キャリアアップしたいという方にもおすすめのタイプです。

大きなデメリットはありませんが、時系列順タイプのほうが一般的なので、逆になっていると違和感を感じる採用担当者もわずかながらいるようです。

キャリア別タイプ

複雑な職務経歴の方に向いているのがこのタイプです。転職回数が多く、時系列順に並べると見づらい場合、キャリア別にまとめてしまって、販売○年、営業○年、経理○年などの書き方にすると、各分野の習熟度がひと目でわかるというメリットがあります。

ただし、時系列順や逆時系列順の職務経歴書を見慣れた採用担当者が多いため、このタイプを見て疑問を感じる方もいるかも知れません。

顔

職務経歴書はA4の用紙で1~3枚程度がおすすめです。あなたのキャリアのアピールポイントをシンプルにまとめてください。

職務経歴書テンプレートをダウンロード出来るおすすめサイト

【リクナビNEXT】履歴書・職務経歴書テンプレート(Excel・Word)ダウンロード

職務経歴書をWord形式でダウンロードすることが可能です。書き方見本も付いているため、見本を見ながら書いていけば完成します。
職務経歴書は時系列順タイプが3種類、逆時系列順タイプが1種類、キャリア別タイプが2種類用意されています。
Excel形式の履歴書も一緒にダウンロードすれば、応募書類一式をそろえることが出来る便利なサイトです。

【doda】職種・業種別の書き方サンプル(ダウンロード可能)職務経歴書のテンプレート

職種ごとに職務経歴書のサンプルが用意されているので、現在の仕事のお手本を参考にして職務経歴書を作成することが可能となっています。
一覧から職種を選択すると、書き方のポイントなどが詳しく解説されたページへ移動します。Word形式のテンプレートは詳細ページの下部からダウンロードしましょう。
タイプはオーソドックスな時系列順タイプです。

【Career Theory】転職成功にベストな職務経歴書フォーマット・テンプレート

このサイトでは、時系列順タイプ(編年体式)とキャリア別タイプの職務経歴書がダウンロード可能となっています。
Word版とPages版の2種類が用意されているので、Macユーザーの方におすすめです。

まとめ

特に初めての転職の場合は、職務経歴書に何を書けばいいのか?と悩む方も多いかと思います。

今回ご紹介したサイトのテンプレートや見本を参考に、自分を最大限にアピールできる職務経歴書を完成させましょう。

複数の会社に応募する際は、職務経歴書の使い回しをせずに、企業ごとに求めるスキルやキャリアを練ってからマイナーチェンジしていくことがおすすめです。

あなたの転職が成功することを心から祈っています。