お仕事文庫

退職代行サービスEXITとSARABAの利用について

退職代行サービスEXITとSARABAの利用について

最近テレビなどでも特集を組まれて話題になっているのが「退職代行サービス」です。

退職代行とは一体どういったものなのか?どういう会社があるのか?気になっている方も多いかと思います。

この記事では退職を言い出せない方の救世主とも言える退職代行サービスについて紹介します。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは会社を辞めたい人の代わりに会社に退職の意思を伝えてくれるサービスのことです。

具体的には、退職希望者が退職代行サービスに申込手続きを行い料金(約3~5万円)を支払うと、「○○さんが御社を退職したいと申しております。今日からご本人は会社に行けません。何か連絡事項があれば我々からご本人に伝えさせていただきます」と代行サービスの方が本人に代わって会社に連絡してくれて退職できるという流れです。

あくまでも連絡をしてくれるだけのサービスなので、自分で会社に退職届を郵送する必要がありますが、引き継ぎや私物の整理についても会社と退職希望者の間に入って連絡を取り次いでくれます。

退職代行サービスは本当に必要?

私の場合、5回ほど会社をチェンジして転職を繰り返していますが、正直こういったサービスを使うことはありませんでした。

法律上、労働者は退職の意志を伝えて2週間で会社を辞めることができる権利があり、辞められないということは普通はないはずですよね。私の場合も次が決まっているので今月中の退職をお願いしますと伝えて退職していましたが、会社側もそれに合わせて次の人を用意するなど動いていたと思います。

ですので、基本的にこういった代行サービスは無くても会社を辞めることは可能です。

退職代行サービスが必要な人もいる

私の場合は仕事が忙しくないタイミングを見計らったり、お世話になった上司が退職したタイミングなど割と退職のタイミングは上手くいっていたのですが、なかにはそういうタイミングが無くて辞めづらい人もいるでしょう。

常に人手が足りていなくて忙しいので退職を言い出せない人だとか、お世話になった上司に辞めると言いづらいとか、会社自体が特殊で退職を伝えると責められたりすると、とても会社を辞めづらいですよね。

私の友人は激務過ぎて1ヶ月家に帰れていないと言っていたのですが、辞めればいいじゃないかと伝えても、体育会系で社長に何されるかわからなくて怖くて辞められないと嘆いていました。

結局この友人はこの環境で1年半ぐらい苦しんだものの、最終的に労働基準監督署に同僚の誰かが密告し、社長がブチ切れて辞めたいやつはいつでも辞めろ!と言ったタイミングで一斉退職が起こって一緒に辞められたそうです。

その時代に退職代行サービスがあればもっと早く辞めることができたのになと思います。

人生は時間でできているということを考えると、ブラック企業に貴重な時間を奪われる期間は短ければ短いほうが良いでしょう。多少費用はかかりますが、時間を買うと思えば安いものです。費用の3〜5万円は自分にあった職場に転職できれば数日で稼げるお金です。

他に退職代行サービスが必要な人の例を挙げると、

などです。

退職代行サービスを使えばトラブル無く確実に辞めることができる

退職代行サービス『EXIT(イグジット)』の代表のインタビュー記事を参考にすると、これまで1000件以上の退職代行を行って失敗は一度もないとのことです。

また、退職代行サービスの『SARABA(サラバ)』でも退職成功率はほぼ100%で、退職できな場合は100%返金保証となっています。返金保証は自信の表れからでしょう。

自分で退職の意思を会社に伝えると会社側に言いくるめられたり、何かと理由をつけて退職日を引き延ばされる可能性もありますし、退職のことがまわりに伝わって職場に居づらくなったりする恐れもあります。それなら退職代行に任せて退職したほうがスッキリと辞めることができるでしょう。

退職代行サービスを利用すれば、会社側とコンタクトを取らずに全て終わらせてくれます。会社から借りているものなどがあれば郵送で送り届けることも可能です。

退職代行サービスSARABA(サラバ)について

退職代行サービスとして、まずはSARABA(サラバ)を紹介します。

SARABAの特徴

SARABAのサービス内容と費用について

SARABA(サラバ)の利用方法はいたってシンプルで、

  1. 電話やメール・LINEで相談
  2. 料金を支払い正式に申し込み
  3. 担当者が当人に連絡して打ち合わせ
  4. SARABAが会社に連絡
  5. 退職

と言う流れです。

費用は27,000円で追加費用の発生はなく、回数無制限で電話・メール・LINEでの相談が可能となっています。

公式サイトhttps://taisyokudaikou.com

退職代行サービスEXIT(イグジット)について

よくテレビで取材されたりしている退職代行サービスです。EXIT(イグジット)は退職代行のパイオニア的存在で、実績は1000件以上と非常に多くなっています。

EXITの特徴

EXIT(イグジット)にはネクストサポートというサービスがあり、一度利用した人が次回利用する際は1万円引きで利用できます。もし運悪く連続でブラック企業に入社してしまった場合に使いたいサービスですね…。

EXITのサービス内容と費用について

  1. 電話・LINE・メールで相談
  2. 料金の振り込み
  3. 担当者と打ち合わせ
  4. EXITが会社に連絡
  5. 退職

こちらもSARABAと同じくとてもシンプルな流れで退職することができます。

こちらの費用は、アルバイトが3万円で正社員が5万円となっています。電話・LINE・メールでの相談回数無制限はSARABAと同じです。

公式サイトhttps://www.taishokudaikou.com

退職代行サービスEXITとSARABAの利用についてのまとめ

退職代行という新しいサービスを『EXIT(イグジット)』と『SARABA(サラバ)』の2社に注目して紹介しました。

退職は労働者の正当な権利ですので本来はこういったサービスは必要無いのですが、世の中には辞めるのも難しいような会社が実際に存在し、退職代行サービスの需要も増えているようです。

退職代行サービスの方は退職者の代わりに非常に嫌な役回りを代行してくれていて、「社会人としておかしいだろ!」とか「ふざけんなよ!本人出せよ!」などの罵倒にも平謝りで対応するというかなり精神的に辛い仕事をされているそうです。こういった厄介なことを3~5万円で代行してもらえると考えるとすごく安い気がします。

辞めづらいからとズルズル働き続けるというのは、人生の貴重な時間をブラック企業に奪われ続ける、とてももったいない状態ですので、退職代行サービスがどうしても必要という場合は是非とも利用してほしいと思います。