お仕事文庫

経験者が伝える映画館の劇場マネージャーへの転職

経験者が伝える映画館の劇場マネージャーへの転職


【転職のきっかけ】好きな事が仕事になる!!

転職は、好きな事・興味がある事にチャレンジする良い機会でもあります。

私の場合、子供のころから映画そのものや映画館の雰囲気が好きでこの仕事を選びました。働く側でなければ絶対に見ることの出来ない裏側を知ることが出来るので、裏方の仕事に関心が高い人には、ぜひおすすめしたい仕事です。

【仕事内容】大切なのは、スタッフとのコミュニケーション

具体的な仕事の内容は、映画上映とそれらを取り巻くすべてのサービスの提供です。
例えば、チケットや飲食物、パンフレットやグッズの販売、チケットのもぎり、上映中のスクリーンチェック、トイレ掃除に劇場内の案内、お客様の飲み食いしたゴミをあずかって分別して捨てる、最後に次の上映に向けてシアター内を清掃する。これらはすべて劇場のアルバイトスタッフ(以下「スタッフ」といいます。)が担っています。

もちろん、劇場マネージャーも、この仕事すべてに関わります。それらに加え、スタッフのシフト管理やトレーニング、飲食物やグッズの在庫管理、映画の本編フィルムに予告を付けるなど専門的な作業も行います。

専門的な作業も大切ですが、何より重要なのはお客様が過ごす全てに関わるスタッフとの連携。広い劇場内でお客様がどこにいても満足してもらえるように、常にスタッフとの連携を取りながらサービスを提供していきます。

【この仕事のやりがい】お客さんの納得・満足に直接かかわることが出来る!

映画は決して安いものではありません。特別なイベントとして足を運んでくれるお客様に、良い環境で映画をご覧いただくためにどうすれば良いのか、マネージャーもスタッフも皆で一緒に考えます。

チームで仕事をするので、大変なことも多いですが、お客様に喜んでいただけることが大きな喜びに繋がります。特典として、映画が無料で見られるのも魅力です。

【この仕事のつらいところ】とにかく体力勝負!

サービス業の基本は世間と同じ休みがないこと。夏の子供映画の時期や、お盆や年末年始などがかき入れ時。すべてが仕事の日です。

私がいたのは大きな劇場だったので、チケット購入の列に並ぶお客様の列整理や、上映前の列整理とお客様の呼び出しなど、劇場内を走り回る日々でした。人気のある映画のグッズ販売に先駆けて、早朝早出で列整理(列整理ばかりしていますね)。

前日から、当日のお客様の流れをシミュレーションして、混乱がないように準備します。劇場がしまった後も、チケットの集計や、グッズの管理で空が明るくなるまで仕事をする日もあります(たまにですよ)。

通常の業務に加え、機械のメンテナンスや入れ替え、清掃などで深夜に及ぶ作業の立会など、定時に帰れる日はほぼないので、そこは覚悟が必要です。

体力に自信がある!チーム作業・タスク管理が上手な人は向いている!

コミュニケーションが苦手ではない人、チームで仕事をすることが好きな人に向いている仕事だと思います。大きな劇場にはひとりで出来る仕事はほぼありません。常にスタッフとお客様の満足がどこにあるのか一緒に考えながら仕事しています。

スタッフの話を聞いて無理なく働いてもらうためのケアも大切なので、人の話を聞くことにあまり抵抗のない人が向いていると思います。マネージャーという仕事柄、人の良い所を探したり、その人に向いている仕事は何か考える視点も必要です。 

また、日々のルーティーンの仕事も多く、抜けが出ると他のマネージャーやスタッフの迷惑になるので、確実に仕事を処理していく力も求められます。
これまでの仕事内容でお気づきの方も多いかと思いますが、座り作業中心ではないので、体力がある人の方がもちろん有利ですね。自信のある方はぜひ!